このセクションの内容は Painter 6 から Painter 8 の時代のものです。
バージョンによって違う部分がありますので、注意してください。
新しい情報は Painter Fun! へ。


Painter ワークショップ / Painter IX 詳細情報 (1)
    Painter ワークショップarrow  home   [print] prev  index      

circlePainter IX 詳細情報 (1)

パッケージ内容

Painter IX のパッケージは Windows および Macintosh 共用のハイブリッド CD-ROM 1 枚、「Painter ハンドブック」、シリアル番号などを書いた紙、の 3 点のみ。画像は 【 Lab:dddo / Painter IX 英語版レビュー(製品版の箱) 】 で紹介されています。

Painter 8 と同じく、Painter IX も製品を 1 本購入すれば Windows でも Macintosh でも使うことができます。ただし、実際に使用するのは 1 コピーのみ、バックアップとしてもう 1 コピー可、という条件がありますので、複数のマシンで同時に使う場合はちゃんと複数購入してください。

古いバージョンでも Painter 6 の一部までハイブリッド CD でしたが、Windows と Macintosh でシリアル番号が別なので、OS 間での移動はできませんでした。いつでも Windows と Macintosh の間で使う OS を変更できるというのは、Painter 8 からの大きなメリットと言えると思います。Photoshop でも当然これは不可です。

CD-ROM は 1 枚に減りましたが、ちゃんと追加のブラシライブラリ、テクスチャライブラリ、なども以前と同じように付属しています。Extra というフォルダがあるので、ここから必要なものをコピーします。(Extra フォルダを丸ごとコピーしておくのが簡単。)

また、以前のバージョンと同じように、Painter 購入者が著作権料フリーで使える写真画像も付属しています。このバージョンでは Jupiter Images というフォルダが素材写真のフォルダです。素材写真としては小さめですが、とりあえず無料。

「Painter ハンドブック」は 180 ページほどのリング綴じの本です。Corel の Painter ニューズグループの意見やアンケート結果での、マニュアルはあまり読まない(付属のヘルプでよい)、チュートリアルの入ったものがほしい、という要望に対応して、今回はユーザーガイドではなく、この本が付属になりました。

ユーザーガイドは PDF ファイルとして CD-ROM 内に収録されています。が、ひとつ 注意。Painter IX のユーザーガイド PDF はヘルプの内容から細かい部分を省略した、ちょっと省略バージョン で、Painter 8 までではヘルプの内容とユーザーガイドの内容が一致していたのとは違います。それでも量としてはかなりありますが。というわけで、細かいことまで解説されているのは「オンラインヘルプ」のほうです。

PDF で省略されているのは、どうもほぼセクション単位のようで、「作業画面」(これは「ハンドブック」に収録)、「選択範囲」、「アルファチャンネル」、「ダイナミックプラグイン」、「テキスト」、「ウェブ」、「スクリプト」、「キーボードショートカット」、および、「イメージ効果」のかなりの部分のようです。PDF でこのようなセクションに言及する場合、「ヘルプのこの項目を参照するように」という記述になっています。

また、PDF のページの書式が、これまでの「伝統の」横長三段組から、縦長(通常の用紙と同じ)の一段組になりました。検索や印刷には便利です。

オンラインヘルプは Windows 版では Windows HTML Help 形式になりました。キーワードからの逆引きや検索は、以前の HTML + JAVA の形式より便利になっています。Macintosh では今回も HTML 形式です。

印刷物としてのユーザーガイドは、単体での販売となります。日本語版もコーレル・ジャパンで販売予定となっています。(英語版では、これも付属のユーザーガイド PDF と同じく、一部が省略されたバージョンで、以前よりページ数が少ないものになっています。)

ハンドブック

以下、ハンドブックの内容を簡単に紹介しておきます。章立ての本文より前に Painter 作例が 20 ページほどあります。

  1. Welcome ― Corel の Painter チームの写真入りの、あいさつページ。
  2. Foreword ― John Derry 氏による前書き。「前書き」といいつつも、Derry 氏本人の Painter との出会いと関わりを語った、なかなか興味深いもの。1991 年のマックワールド・エキスポで Mark Zimmer がデモンストレーションしていて、それを見て惚れ込んだ、とか、Painter ファンにはうれしいトリビア満載。
  3. The Evolution of Painter ― 「Painter の進化の過程」を振り返る記事。それぞれのバージョンでの新機能の目玉は何だったかがわかります。
  4. Getting Started with Corel Painter IX ― 機能の概要と主なブラシの紹介。とりあえずここだけ読めば、パレットの内容が理解でき、さまざまなカテゴリのブラシでどんな描画ができるかが把握できます。30 ページほど。
  5. Tutorials ― 9 人のアーティストによるチュートリアル。最初の 2 本、Jeremy Sutton 氏と Cher Threinen-Pendervis 氏のチュートリアルは、このふたりが Painter の講座などを専門としていることもあり、いちおう入門レベルだが、その他はそれぞれの仕事の現場での製作手順を、そのままたどったもの。Painter のチュートリアルとしてだけでなく、それぞれの業種の仕事内容についても参考になり、面白い内容だと思う。図版豊富で合計 100 ページほど。

この「ハンドブック」は印刷フォントがたいへん小さいので、内容的にはもっとページ数の多い印刷物に相当します。日本語版は当然、日本語訳されたものが付属します。

データフォルダ関連

Painter 8 からの大きな変更点として、マルチユーザー対応 があります。これは字面だけ見ると個人ユーザーには関係ない機能ですが、設定ファイルなどが保存される場所が変更 になったので、実はちゃんと把握しておく必要があります。

Painter IX をインストールしたあと、最初に起動するときは少し時間がかかります。これはシステムのユーザー情報保存位置(下記参照)の下に専用フォルダを作成し、そこに必要なデータファイルをコピーするからです。コピーされるのは、Painter 本体に関連した設定ファイル(カラーセットとその他のライブラリ含む)および、今回の新機能の Welcome Screen 用のデータです。ブラシファイルは、そのブラシバリアントを最初に使用したときに本体のコピーがユーザーフォルダに作成され、ユーザーによる変更はすべてこのコピーしたほうのファイルに保存されます。

Painter が作成する「ユーザーフォルダ」の位置は、ユーザー名(OS 起動時やログイン時に使う名前)を username とすると、Windows 2000 および XP ではシステムドライブ(通常 C ドライブ)の C:\Documents and Settings\username\Application Data\Corel\Painter IX\、Macintosh OS X では /Users/username/Library/Application Support/Corel/Painter IX/ となります。

Windows の場合、「フォルダオプション」の「表示」の設定で「すべてのファイルとフォルダを表示する」をオンにしないと、このフォルダが見えません。また、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックもはずしておかないとデータの管理ができません。

ブラシを新しく作成した場合も、ここに追加になります。ですから、「すべての設定を初期化」するときの退避、あるいはバックアップを取るとき、このフォルダのブラシファイルを対象にする必要があります。

ブラシファイルのうち、Painter 内部からユーザーが削除できるのは、このユーザーフォルダに新しくコピーされたものに限られます。(間違えてデフォルトライブラリを消すことはなくなりましたが、ブラシバリアントの数が多すぎて困る、というときの対応が少し複雑になりました。)

古いバージョンから「ブラシライブラリをインポート」した場合、変換してできた XML ファイルはこのフォルダに追加になります。

Painter 内部からは、アプリケーションフォルダ(Painter 本体がインストールされているフォルダ)にあるブラシファイルも、ユーザーフォルダにあるブラシファイルも まったくシームレス (統合されていて差がわからない)です。Painter に慣れていないユーザーには親切かもしれません。また、不具合が起きたときに、Shift キーを押し下げながら起動 することで、このユーザーフォルダが完全に初期化され、設定は消えるものの不具合は解消するので、以前のバージョンのように Painter の設定ファイルを CD-ROM からコピーし直すような作業もいりません。

ライブラリ関連(カラーセット、テクスチャ、パターン、その他)のファイルもここにコピーされたものが読み込まれます。ライブラリに変更を加えると、Painter 終了時に自動的に変更が保存されるので、そのへんは初心者にもわかりやすく、ライブラリの使い分けをしないかぎりたいへん便利です。

が、ライブラリファイルの使い分けや切り替えをする場合、新しくライブラリファイルを読み込むと、自動保存されている 現在のファイルが上書きされる ので注意してください。Painter の内部からライブラリ保存ができないものについては、上記のユーザーフォルダのファイル本体のコピーを作成しておきます。

アプリケーションフォルダとユーザーフォルダについて、それぞれどういうファイルがあり、何のファイルなのかを 【 Painter が使うファイルの種類 】 にリストしましたので、参考にしてください。

Welcome 画面

操作

  • 左右のタブでページ移動。
  • 最初のページのプルダウンリストから、最近使った書類やテンプレートを選択。
  • ESC (Windows の場合)で画面を消す。

Painter IX での新機能ですが、本体そのものに増設したというより、システムの HTML 表示機能を使って追加した機能と言えます。OS のデフォルトの HTML 表示機能を使います。すなわち、Windows では Internet Explorer のモジュールを使用しています。このデータはユーザーフォルダ内の「HTML」フォルダにありますので、HTML や javascript に慣れていれば多少の編集ができます。

起動時にこの画面が表示されるのをオフにするには、「Welcome 画面」の右(あるいは左)のタブから「Setting Up Painter / Painter の設定」を選んでクリック、右ページの一番下にある「Show this dialog at startup / 起動時にこの画面を表示する」のチェックをはずします。次回から表示されなくなります。

メニューの「ヘルプ」−「Welcome...」からいつでも呼び出せます。上記のチェックボックスにチェックをつければ、また次回から自動表示。

Painter アプリケーションフォルダの box.id ファイルをリネームすると、この Weocome 画面は呼び出されなくなります(ヘルプメニューからも表示できません)。また、起動時のスプラッシュも表示されなくなります。少しでもすばやく起動したい場合にはいいかもしれません。

Painter IX が起動しかけたのに、ちゃんと起動せず異常終了する場合、OS のブラウザ関係モジュールの呼び出しに失敗している可能性があります。このとき、box.id をリネームして Welcome 画面の表示を止めることで Painter が起動します。

Welcome 画面で追加になった機能としては テンプレート があります。これはこの画面からしか利用できない機能です。テンプレートを利用するには、アプリケーションフォルダの Template(英語版)あるいは「テンプレート」(日本語版)というフォルダに、使いたいイメージサイズ、解像度、ペーパーカラーの RIFF ファイルを入れておくと、テンプレートのリストに表示されるようになります。このとき、ファイル名(拡張子部分をのぞく)そのものがテンプレートのリストに出てきますので、イメージサイズなど具体的なファイル名にしておきます。

2005/08/12 ― Welcome 画面による起動失敗について加筆。
2005/03/01 ― Welcome 画面について、少し加筆。

(Last Modified: 2005/08/12)

    もどるreturn  home prev  index