このセクションの内容は Painter 6 から Painter 8 の時代のものです。
バージョンによって違う部分がありますので、注意してください。
新しい情報は Painter Fun! へ。


Painter ワークショップ / ショートカット
    Painter ワークショップarrow  home   [print] prev  index      

circleキーボード・ショートカット

Painter IX では、ほとんどの機能に自由にキーを割り当てることができるようになりました。設定の保存と読み込み、設定一覧の HTML での書き出し(自分の設定の確認用の、いわゆるクイックレファレンスカードに近いけど、項目が 483 もある)などもあります。が、基本的なキーは他のアプリケーションと共通なものもあるので、あまり変更しないほうがよいようです。

基本のショートカット

わたしはウィンドウズ版を使っているので、ウィンドウズのキーで表記しますが、マックでは基本的に Alt = Option、Ctrl = Command に置き換えてください。

  Space Bar 押しているあいだだけ Grabber / 手のひら ツール (キャンバスずらし)
Space + Click で絵をウィンドウの中心に
Space + Alt で引きずるとキャンバスの向き変え
(IME はオフにして使う)
  Alt ブラシ使用時、一時的に Dropper / スポイト (6 までは Ctrl)
選択ツール時、選択範囲減算、その他いろいろ
  Ctrl + 1 から 9 各パレットの表示・非表示の切替え
  Ctrl + Z いまやったのナシ! (取り消し)
  Ctrl + S ファイルの上書き保存
  Ctrl + D 選択範囲解除
  Shift + Ctrl + D 再選択 (7 までは Ctrl + R)
  Ctrl + F 塗潰し(選択範囲があればその中を)
  Tab パレットをまとめて表示・非表示切替え (7 までは Ctrl + H)
  Shift + X メインカラーとサブカラーの入れ替え
  • 選択範囲指定で Shift は「追加」、Alt は「削り」。
  • クローンソースの指定は Alt (Painter 7 では Alt + Shift、Painter 6 では Shift + Ctrl / Macintosh では Ctrl - Shift)。
  • レイヤーパレットで複数選択して Ctrl + G で「グループ化」。
  • グループ化したレイヤーを Shift + Ctrl + X で合成方法を強制的にデフォルトに変更して結合。
  • コピーした元位置と同じ位置にペーストするには Shift + Ctrl + V。(Painter 5 ですでに有効。Painter Classic 1 でも 2 でも。)

ワンキー・ショートカット

これをあるていど覚えると Painter が手に馴染んできます。けなげによく働く、たよりになる相棒っていう感覚かな。

ワンキー・ショートカットを使うには、日本語 IME はオフの状態にしておきます。

  A Add Point / ポイント追加ツール(シェイプ編集)
  B Brush (freehand line) / ブラシツール(フリーハンド)
  C Crop / クロップツール(裁ち落とし)
  D Dropper / スポイトツール(色を拾う)
  E rotate page / 回転ツール(キャンバスの回転)
  F layer adjuster / レイヤー調整ツール(もと Floater 調整)
  G Grabber / 手のひらツール(キャンバスずらし)
  H Shape Selection / シェイプ選択ツール (ベジエの Handle 操作)
  I Rectangular Shape / 長方形シェイプツール
  J Oval Shape / 楕円形シェイプツール
  K Paint BucKet / バケツ(塗潰し)ツール
  L Lasso / 投げなわツール(フリーハンド選択)
  M Magnifier / 拡大ツール(ズームイン・アウト)
  N ColorTalk dialog (計算式でピクセル単位の制御・隠し機能
  O Oval Selection / 楕円形選択ツール
  P Pen / ペンツール(シェイプパス作成)
  Q Quick Curve / フリーハンドツール(シェイプパス作成)
  R Rectangular Selection / 長方形選択ツール
  S Selection Adjuster / 選択範囲調整ツール
  T Text / テキストツール
  U クローンカラーのオン・オフ(Painter 7 以降)
  V Brush (straight line) / ブラシツール(直線)
  W Magic Wand / マジックワンドツール(触れた場所の色で領域選択)
  X Remove Point / ポイント削除ツール(シェイプ編集)
  Y Convert Point / ポイント変換ツール(シェイプ編集)
  Z Sciss(Z)ors / はさみツール(シェイプ・セグメント切断)
  ピリオド 遠近グリッド オン・オフ(Painter 7 以降)

ファンクションキー設定

Painter IX では全面的にキーボードショートカットが自由設定になったので、この機能はなくなりました。以下は、Painter 8 までについての記述です。

メニューの「編集」−「環境設定」−「ファンクションキー」で、F01 から F12 までと、それと Shift の組み合わせに、それぞれメインのメニューや各ツールパレットのメニューを選択して割り当てられます。目的に応じて設定しておくと、たいへん手間がはぶけます。

タブレットのファンクションボックスにもキーストロークが割り当てられます。キーストローク限定ですが、Painter のほうでファンクションキーに割り当てたものなら、ファンクションキー経由でどれでもアクセスできます。

問題はどこに何を割り当てたのか忘れがちなこと。キーボードのファンクションキーのところにシールに設定内容を書いて貼っておくとかしないとダメかも。

その他のキーボードショートカット

Painter にはひじょうにたくさんキーボードショートカットがあります。Painter 6 ではマニュアルには記載がありませんが、Painter 本体の「ヘルプ」−「キーボードショートカット」で PDF ファイルが表示されます。Painter 7 および Painter 8 ではヘルプファイルにもマニュアルの末尾にも記述があります。それぞれの状況で Ctrl や Alt などのキーは意味が変わってきます。よく使うものについては記憶しておくと便利です。

(Painter IX でもヘルプの末尾にデフォルトのキー設定のリストがあります。)

(Last Modified: 2005/01/17)

    もどるreturn  home prev  index